読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃらんぽらん日記

日々のあれこれ

妊娠したときに読む本

読書 妊娠 出産

<とりあえず一冊>

エッセイ

芥川賞作家が贈る妊娠・出産・育児エッセイ。読んだときは「最高の一冊に出会った!」と思った。当時まだ妊娠中だった私は、著者の妊娠期間のハードさを傍観者が眺めるようにして読み、出産と育児のハードさに怯えたものだった。しかしだからこそ最後は感動するのだ。おすすめ。

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

 

実用書

妊娠したはいいものの、何に気をつければいいのか、出産にはどれだけお金がかかるのか、何も知識がないという方におすすめ。季刊。

 

<出産・育児が不安なとき>

エッセイ

読み終えたら、出産も育児も何とかなる気がしてくる。『きみは赤ちゃん』を読んで不安になった人におすすめ。

笑う出産―やっぱり産むのはおもしろい

笑う出産―やっぱり産むのはおもしろい

 

 

<経済的なことが心配なとき>

ムック

出産にかかるお金・出産でもらえるお金から、保険の入り方や住宅ローンの組み方まで。鵜呑みにするのはどうかと思うが、あくまで考えるとっかかりにするのに良いかと。年度ごとに新しいのが出る。

赤ちゃんができたら考えるお金の本 2016年版:ムック (ベネッセ・ムック たまひよブックス)

赤ちゃんができたら考えるお金の本 2016年版:ムック (ベネッセ・ムック たまひよブックス)

 

 

<妊娠中の食事について知りたいとき>

レシピ本

妊娠中のレシピ本はいくつかあるが、私が使いやすかったのはこれ。後ろについている索引が使いやすい。

赤ちゃんがすくすく育つ!妊娠中の食事

赤ちゃんがすくすく育つ!妊娠中の食事

 

 

<無痛分娩について知りたいとき>

 出産に痛みは伴うもの。一度無痛分娩という選択肢を考えてみても良いかも。ちなみに私はこの本を読んだ上で自然分娩を希望することに決めた。

無痛分娩のすすめ

無痛分娩のすすめ

 

 

<流産してしまったとき>

 エッセイ

流産の悲しみは計り知れない。そんなとき、この本を読むと受け入れ方のひとつの方法をそっと差し出してくれるかも。

かわいい夫

かわいい夫

 

 

<マタニティブルーになったとき>

マンガエッセイ

つらいことはつらいと認めていいんだ、と思わせてくれる一冊。

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

 

 

<その他・小説3冊>

予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)

予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)

 

 

海を感じる時

海を感じる時

 

  

イルカ (文春文庫)

イルカ (文春文庫)

 

 

<その他・エッセイ3冊>

そういうふうにできている (新潮文庫)

そういうふうにできている (新潮文庫)

 

 

Mammaともさか にんぷちゃん編

Mammaともさか にんぷちゃん編

 

 

贅沢なお産 (新潮文庫)

贅沢なお産 (新潮文庫)