読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃらんぽらん日記

日々のあれこれ

私の仕事観

 私は今の会社に、まず第一に経済的に自立するため、そして自分に自信をつけるために入社した。入社して2年が経った。現在、それらの目的はほぼ達成された。私は悩んだ。次のステップへ進む時期ではないのか。悩む中で、本を読んだり、人の話を聞いて、考えた。その中で新しく気づいたことがある。とりたてて書くようなことでもないが、私にとって大事なことなので書いて残しておきたい。
 先に書いた私が入社した目的は、そのまま当時の私の仕事観だった。恥ずかしながら、そこには自分のことしかない。
 仕事とは、まず第一に相手がいて成り立つものだ。だから、仕事とは、何者でもない自分が人の役に立てる貴重な手段である。学生の頃から「人の役に立ちたい」と考えて職業を選んだ人たちのことを私は無条件に尊敬する。私にはその思いが欠けていた。
 私たちは、仕事を通して人と、社会と繋がることができる。仕事をすることで、自分を必要としてもらえる。仕事をすることは、社会の中に自分の居場所を自分で作るということだ。これらのことを自分の殻に閉じこもってばかりいた頃の私に教えてあげたい。
 そしてまた、改めて認識したこともある。人生は日々の生活の連続だ。生活には様々な要素がある。食べること、寝ること、好きなことをすること。働くことも生活の一部を成す大切なもののひとつだ。働くことだけ生活から切り離して考えることはできない。
 これから仕事をしていく中で、私はもっと生きる喜びを感じたい。そのためには何ができるのだろうか。私は何がしたいだろう。それを考えて実行していく中で、仕事観もまた変わるだろう。それが楽しみだ。